大注目の卵殻膜エキスを配合した美容液、オージオ ビューティーオープナー。
ジェルやクリーム、ローションなども販売しているオージオから販売されている人気商品です。

そんなビューティーオープナーの成分について詳しく見ていきましょう。

この記事で分かること

  • ビューティーオープナーの全成分の働き
  • 危険な成分は使われていないのかどうか

 

安全性や副作用について詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

ビューティーオープナーの全成分を解析

ビューティーオープナーの全成分を徹底解析しました。

【全成分】水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン(オリーブ由来)・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸

一番の主要成分 卵殻膜

ビューティーオープナーの一番のポイントとなるのが、この卵殻膜エキス(加水分解卵殻膜)。

ハリのもとになるIII型コラーゲンを補ってくれます。
III型コラーゲンは赤ちゃんの肌に多く存在すると言われているため、卵殻膜エキスを肌に塗ると、赤ちゃんのようなもちもちした肌を実現することができるというワケです。

また、卵殻膜は人の肌に近いアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸等で構成されているので肌への浸透力がすごいという特徴もあります。

さらに、美肌に欠かせない『シスチン』が多く含まれているのも魅力です。

 

詳しい効果を知りたい場合は次の記事をご覧ください。

 

美容に関わる成分

ヒアルロン酸Na

言わずと知れた有名成分ですね。
肌のハリには欠かせない成分です。

スクワラン

肌にうるおいを与えてくれる保湿成分です。
オリーブ由来のものが使われており、非常に安全性が高いです。

カンゾウ根エキス

古くから伝統医学でも用いられるような成分です。
抗炎症作用や抗アレルギー作用、抗菌作用などがあり、スキンケア化粧品やヘアケア製品など、幅広く利用されているエキスです。

匂いに関わる成分

次の4成分が匂いに関わる成分です。

  • バラエキス
  • ローズマリー油
  • レモングラス油
  • ニオイテンジクアオイ油

もともと、ビューティーオープナーは「匂いがきつい」というデメリットがありました。
それを解消すべく、この4成分を配合しそのデメリットを解消したんです。

その他成分

BG

別名、1,3-ブチレングリコールと言います。
保湿、保水目的で使用される成分です。
化粧品に使われる保湿剤ではかなりメジャーな成分です。

ペンチレングリコール

抗菌性や防腐力がある成分になっています。
人体に悪い影響があると言われる防腐剤のパラベンを使わなくて済むように使われるのがこの
ペンチレングリコールです。

デキストリン

安定剤として使用されています。
スナック菓子などにも使用されるため、安全性はかなり高いです。

人体には、便秘解消やダイエットの効果もあるとされ、健康食品やスナック菓子類にも利用されている。

オレイン酸ポリグリセリル-10

界面活性剤です。
界面活性剤というと、あまり良くないイメージもありますが、乳化剤として食品にも使用されるほどの安全性の高い成分ですので、たとえ体内に取り入れたとしても問題ありません。

クエン酸Na・クエン酸

キレート作用、Ph調整目的で使用されています。
よく飲料にも使われるため、体内に入れても全く問題ありません。

 

管理人管理人

一つずつ成分を見ていっても、危険な成分はありません。
どれも今まで化粧品に使われた実績がある成分です。

 

安全性と副作用について詳しく知りたい場合は次の記事をご覧ください。

 

口コミを知りたい場合は次の記事をご覧ください。
→ビューティーオープナーの悪い口コミを徹底暴露!意外な真相とは?